sustainability

スタバ「アーモンドミルク」の【栄養】【カロリー】【味】まとめ。さらに環境問題

2020年3月から、スターバックスに新しいミルクが登場しました。普通の牛乳、低脂肪乳、無脂肪乳、豆乳にくわえて、アーモンドミルクオーツミルク(期間限定)が仲間入りしました。

日本では手に入りにくいアーモンドミルクですが、全国各地にあるスタバで、美味しいアーモンドミルクのドリンクが飲めるとなったら、本当に嬉しいですよね。まだ試していない方は、ぜひ一度飲んでみてください。

今回は、スタバのアーモンドミルクの栄養成分はどうなのか?味は?など気になったことをまとめていこうと思います。

アーモンドミルクの栄養成分をチェック【他のミルクと比較】

アーモンドミルクとは、アーモンドを細かく粉砕して、水と混ぜたものです。なぜ "ミルク"と呼ぶのかというと、見た目が白く、少しとろっとしているからです。 入っているのは基本的にアーモンドのみで、完全に植物由来のミルクです。

アーモンドミルクは【糖質がほぼ0】なのが特徴で、カロリーはほとんど脂肪によるものです。スタバの標準ビバレッジのエネルギー/栄養成分表に載っていた数値を元に、100mlあたりで比較してみます。

エネルギー(kcal)炭水化物(g) タンパク質(g) 脂質(g) 
ミルク62.54.93.53.2
低脂肪ミルク51.75.33.81.8
無脂肪乳37.55.33.90.1
豆乳(調整豆乳)64.12.84.04.2
アーモンドミルク47.52.40.54.3
オーツミルク 56.37.00.92.8
スタバで扱いのある各ミルクの栄養成分(100mlあたりに換算)

他のミルクと比べてもカロリーが低いことがわかりますね。ちなみにアーモンドミルクに変更したスターバックスラテのTallは、ホットなら158kcal、アイスなら117kcal。Ventiを飲んでもホットは256kcal、アイスのVentiは117kcalです。

気になったから計算してみた!

アーモンド何粒くらい入っているのかな?と気になったのでちょこっと計算してみました。
結果、スタバのアーモンドミルク100mLには約6.5粒 / 7.9g のアーモンドが含まれていることがわかりました。(アーモンド100gあたりに含まれる脂質(g)から算出しています。アーモンドは1粒1.2gとして計算。)
ちなみに、(計算上は)100mLあたり、2.35mgのビタミンEが含まれていました。

アーモンドミルクラテを飲んだ感想

比較するのであればアーモンドミルクそのものを飲んだほうが良いのかもしれませんが、ミルク単体よりもラテを飲む機会の方が多いと思ったので、アーモンドミルクラテを注文しました。

項目別に分けて評価してみました。

メモ

  1. 濃さ: わりとあっさり(濃厚なアーモンドミルク感はない)
  2. 香り: ほんのりアーモンドの香ばしさが感じられる
  3. 飲みやすさ: 普通のラテと同じかそれより飲みやすい(すっきりしている)
  4. コスパ: 普通のミルクのラテではなく、これを飲むために、50円プラスする価値があるかというと、ちょっと疑問。というのも、(ソイラテとは違って)市販のアーモンドミルクでも家庭で簡単に作れそうな味ではあるので、個人的には希少価値があまりないように感じました。。。
  5. どんなときに飲みたいか: お腹いっぱいにはしたくないけど、ラテを飲みたいとき。糖質制限、カロリー制限しているとき。

アーモンドミルクに変更したら美味しそうなドリンク

ラテ以外にも、他のドリンクのミルクを変更してみてもバリエーションが広がりそうです。せっかくならばミルクを多く使用しているドリンクの方が変更し甲斐がありますね。

「アーモンドミルクにしたらどんな味になるんだろう?」と気になるドリンクを個人的に2つ選んでみました。

<アイスムースカラメルラテ>

名前の通り、ムースのミルクで作ったラテに、カラメル(シロップ)のほろ苦い甘みがついているドリンクです。アーモンドの香ばしい香りと組み合わさって、より深い味わいになりそうですね。

<ダブルショットカラメルラテ>

アイスではなくホットのドリンクです、こちらも同様、アーモンドミルクの香ばしさと合いそうです。

まとめ〜アーモンドミルクを選んで環境にやさしく〜

日本のスタバでも、アーモンドミルクのような植物性ミルクの選択肢が増えることで、乳アレルギーの方、ヴィーガンの方、健康の観点から乳製品を取らない方など、より多くの人がドリンクを楽しめるようになっていくと思います。さらに、動物に依存しない植物性ミルクは、人だけでなく、実は地球環境にも優しいのです。実際にヴィーガンの方は、「地球温暖化を防ぐため」という考え方のもと、動物性のミルクは飲まないそうです。私自身、「牛乳を飲まないことが地球環境に優しい」とは知らなかったのでとても衝撃でしたが、これこそがアーモンドミルクにハマってしまったきっかけです。

豆乳やアーモンドミルクに変更するお客さんが増えれば、スタバの方も、「植物性ミルクの需要が高まっているな」と感じて、他のミルクのチョイスも増やしてくれるかもしれません。(実際アメリカではあったようです)この意味で、ミルクを変更することは一種の意思表示にもなるのだろうと考えています。

私もこれからは、スタバで注文する時には「どうせ飲むなら、地球に優しい方がいいよね」というノリで、なるべくアーモンドミルクor豆乳に変更して飲みたいと思います。

エコカップやマグカップを使うことで、ゴミを減らすのも環境のためになりますね。

今回は以上です。何かアップデートがあれば追記します。

  • この記事を書いた人

医学生ちか

都内の医学部3年生。医学部生活、日々考えたこと、商品レビューなどの記事を書いています。ブログは細く長く続けていきたい。

-sustainability

© 2021 医学生ちかの雑記ブログ